お手本の事例

お手本の事例

倒産まであと半年――老舗旅館「陣屋」

借金10億円、倒産まであと半年――創業100年の老舗旅館「陣屋」をたった3年でV字回復させた方法 V字回復の決め手、自社開発のクラウド型旅館管理システム「陣屋コネクト」が、日本サービス大賞の総務大臣賞を受賞!なんてのはちょ...
お手本の事例

コンタクトレンズ業界:継続課金の成功例

東洋経済に継続課金(サブスクリプション)の成功例。【メニコン復活、コンタクトレンズ売れる理由】 業績悪化の原因 駅前で毎日のようにでくわす、コンタクトレンズのビラ配り。安売りのイメージがあったのですが、実はビジネスモデルの変更で...
お手本の事例

小さいお店にはお宝の事例。大敗しても金足農業ばかり応援されちゃうのはナゼ?

夏の甲子園。大阪桐蔭の優勝はどうでもよくなり、金足農業のニュースばかり。 いわば連覇の大手企業に対して、地元でがんばっている個店みたいな構図ですよね。 優勝は大手の大阪桐蔭ですが、ワイドショーではほとんど触れられません。 今も、金...
お手本の事例

子ども服もクリーニングで売ったりチャリティーになったりする、おさがりプロジェクト

小さいお店でもまねできる、大企業のプロモーション。しかもこのプロモーションの水準が、かなり感性的です。 とくに成熟したビジネスの場合、ヒントになるのではないでしょうか。 ライオンのおさがりプロジェクト テレビCMでみかけたキャ...
お手本の事例

VRお化け屋敷・呪刻列車の現場をいじって利用者を増やしたい

呪刻列車は、VRお化け屋敷として新登場したエンターテイメント?まぁゲーセンにおいてあるアミューズメントですね。 近所のゲーセンにロケテストってことで設置されています。 でもちょっと思うところがあるので、たまにはワクワク系的に考えてみ...
お手本の事例

人口73人で商売は成り立つの?

鹿児島県三島村の竹島に、20年ぶりに商店ができるって話。考えるよね、商売になるんかいか?と。 でもこの考え方って、ネット通販が当たり前の今だと、普通の店舗に必要な考え方もであるかもしれませんね。 人口73人の島で生まれた「20年...
お手本の事例

普通じゃないペットショップ。展示販売をやめちゃった!

こういう普通じゃないオーナーってかっこいいですね。 福井のペットショップ、展示販売を廃止へ。 【犬猫展示販売中止、飼育放棄減へ】 ビジネスモデルを変えると在り方も変わるという実例です。 展示販売=お店のショーケースで子犬や子猫...
お手本の事例

安全第一こそが効率第一になる不思議

「安全第一」工事現場などではあたりまえですよね。でもビジネスを考えたら、効率も大切です。 では、「安全」と「効率」はどっちがコスパがよいでしょうか? 安全第三だったころ こういうのも要素が複雑なので、科学的根拠を照明するの...
お手本の事例

廃業寸前の水族館、あなたならどうする?成功した人は「人」を見た。

竹島水族館 【お金なし、知名度なし、人気生物なし 三重苦の弱小水族館に大行列ができるワケ】 竹島水族館(愛知県蒲郡市)の記事がとてもとてもためになります。 過去には「税金のムダづかい」として閉鎖寸前だった小さな水族館。 しか...
お手本の事例

水に溶けるメモ、あなたなら何て売る?

水に溶けるメモなんて需要は無さそうです。 だから価値をつくってみた。ってタイプの商品ですね。 ストレス流せるメモ 楽天アフィリエイトで注目商品としてでていたのが、ストレス流せるメモ。なんのことはない、オブラートのように水に溶け...
タイトルとURLをコピーしました